ホメオパシーセミナー「このままいくと私の人生良くなる?悪くなる?~あなたが最適の選択をする方法教えます!~」レポート

 

去年の話になってしまうのですが、12月9日にホメオパスの世良純子さんが開催する「このままいくと私の人生良くなる?悪くなる?~ホメオパシーであなたが最適の選択をする方法教えます!~」

というテーマのセミナーに参加しました。

 

このセミナー私の感想は

  • ホメオパシーについて理解が深まった
  • 診断テストがすごく良かった

気づきが多かったセミナーでした。

 

ライティングに関係なく、ビジネスセミナーでもない、

  • ホメオパシーセミナーに私が参加した理由
  • セミナーの感想
  • ホメオパシーに対する感想

についてお話ししたいと思います。


スポンサードリンク



 

ホメオパシーのセミナーに参加した理由

 

  • 私の人生このままでいいのかな?
  • 私ってなんでこんなにイライラしてしまうんだろう?
  • 何となく毎日を過ごすのも悪くないけど目標が見つからない

 

そんな風に思うことって今まで生きてきて一度もありませんでしたか?

私はあります。

 

 

今現在世良さんの個別セッションも受けていますが、だからと言ってホメオパシーに心酔しているとか、そういう訳ではありません。(世良さんごめんなさい^^;)

 

ただ「西洋医学だけが万能ではない」っていう思いは昔からありました。「健康」って体だけの問題じゃないからです。

 

ホメオパシーでは体と、マインド(精神)、エモーショナル(感情)3つの領域があり、この3つ全てが健康であることが本当の健康だと定義するようです。

この考え方はWHOの提唱する健康の定義と近いものがあると世良さんも記事で書いていました。

 

よく「病は気から」と言いますが、精神的な問題が体の症状となって表れることって実は気づいていないだけでありうる話だと思うんです。

 

 

自分の父親が肝臓がんで亡くなりましたが、それを誘発するほどの強いストレスを父が体験をしていたことを知っているし、そのストレスが病気を引き起こした原因の一つだと今でも思っています。

加えて私の場合夫が柔道整復師、鍼灸師なので西洋医学だけが全てではないということをホメオパシーを知る以前から感じていました。

 

ホメオパシーのいいなって思うのは「心の問題に強い」点ですね。それを個別セッションを受けて実感しているからこそ、今一度セミナーでホメオパシーのことを知りたいなと思い参加しました。

 

 

セミナーの内容

 

以下のような内容でした。

  • 世良さんの自己紹介
  • 参加者の自己紹介
  • ホメオパシーの概要
  • 診断テスト

 

世良さんご自身の自己紹介を通してホメオパシーを体験した経緯や、ホメオパシーの概要はホメオパシーって何?っていう状態の方でも分かるように設定されていました。

 

ホメオパシーセミナーを開催されたホメオパスの世良純子さんとは?

sera-san

日本でも数少ないクラシカルなホメオパシーを実践されている一人です。

世良さんは美大を卒業された後は大手印刷会社や化粧品会社で販促ディレクターとして長年キャリアを積んで来られたそうです。その傍らでホメオパシーを学び、実践することでご自身の体や心の悩みを解決し、ホメオパシーを習いはじめて10年になるそうです。

ホメオパシーと言えば世良さんがご自身のブログでも書いておられますが、とにかくバッシングの対象になりやすく、実際世良さんもブログを始めた当初に酷いバッシングを受けたそうです。

 

何故かと言うとホメオパシーは日本に輸入された時に日本独自のホメオパシーが広まってしまい、それを規制する法律も無いためムチクチャなことを言うホメオパスが存在し医療事故につながったことがあるからです。世良さんご自身も最初はそういうホメオパスに当たり苦い経験をされたようです。

普通そういう体験をすれば怖くなってやめてしまうものです。世良さんがすごいのはそこでやめずに最初はクライアントとしていて受けていたホメオパシーを専門的にいくつもの学校で何年も勉強してホメオパスになったということです。

 

ホメオパシーの概要

ホメオパシーとは何ぞや?から始まる内容だったので、初めての人でも分かりやすいように説明してくれました。

 

この内容だけでも数万円するセミナーもあるとのことですが、今回は無料のセミナーだったのにも拘わらず濃い知識を教えてもらえました。

ホメオパシーとはは同種療法とも呼び( 独: Homöopathie、英: homeopathy, homoeopathy、 homœopathy)現代医学よりはるか昔からの原理を起源にした、古代ギリシア時代、2500年前のギリシアにおけるヒポクラテス の時代から治療において用いられてきた法則によるものです。

世良純子さんブログより引用

 

これだけではなかなかピンと来ないと思います。

私もうまく説明できる自信がないので、こちらの記事はホメオパシーの概要が詳しく書かれています。

 

 


スポンサードリンク



 

診断テストがすごかった!

 

セミナーの後半部分でホメオパシーの性格診断テストのようなものがありました。世良さんが設問を読み上げて、自分がそれに当てはまるか否かなどを回答します。

 

これ面白いほど自分の弱点が分かりました。

 

当たり前ですが、よくある「~診断」なんかくらべものにならない位にもっと深層心理が分かると思います。

ホメオパシーでは女性は感情に、男性は精神に問題を抱えている人が多いと言われているようですが、私はホメオパシー的に言えば感情は割と健康で精神、マインドの方が問題があるという結果になりました。

もちろん私は個別にセッションも受けているのでこのことは知っていたし、改善されつつあります。

 

 

よく感情的でイライラいしてしまうっていう人は自分は感情に問題があるって想いがちですが、イライラしてもその感情に気づけて喧嘩するなり、話し合うなりする行動を取るならばその方が健康なのです。

ってこれまさに私なんですけどね。

感情を抑圧してしまっている方がホメオパシーでは感情が不健康だと定義するようです。

 

今の自分の課題がはっきりわかったのが収穫です。

 

ホメオパシー=怪しい!?ネットの評価だけでなんでも決めつけるのはもったいない!私のホメオパシーに対する感想

 

ホメオパシーに対する私の感想

 

セミナーではホメオパシーの概要と診断テストで締めくくられていますが、せっかくなのでホメオパシーに対する私の印象や思ったことについて書いてみます。

 

ホメオパシーをインターネットで検索すればとにかくネガティブな情報がわんさか出てきますが、世良さんは日本でも数少ないクラシカルホメオパスの一人です。

と書いても「何か怪しい」とネットの意見を見ただけで決めつける人がいるかもしれません。

 

私はそもそもホメオパシーの存在を知りませんでしたが、ちょうど1年前に世良さんにお会いしてブログ運営している友人(年上の方に失礼な言い方ですが)としてしばらくはお付き合いがあり、世良さんの人柄で決めたという部分が大きいです。

ホメオパシーというより「世良さん」を信用していると言い換えてもいいかもしれませんね。

 

 

 

ネットの評価だけでなく主体的に考えて生きないともったいない!

 

何が言いたいのかと言うと、ネットの評価だけで決めつけるのは簡単だけどそれだけで物事を判断するのは安易だしもったいない。

あと日本ではとにかく体が特に悪くもないのに、カウンセリング、コーチングも含め心の相談をすることに偏見があるように感じますが、その意識ももったいないと思います。

 

そんな偏見が無くならないからこの国には誰にも頼ることなく一生懸命がんばりすぎた末に心の病を抱えてしまった人がたくさんいます。またストレスが体の症状に出て病になり亡くなってしまう人もいます。私の父のように。

別に特別悩むほどじゃなくてもホメオパシーの考え方や理論を知っておくことは、生きていく上ですごく役に立つし生きやすくなる。それが私のホメオパシーに対する感想です。

 

まとめ

  • ホメオパシーの概要を聞けて心と体の繋がりについて考えることができた
  • 診断テストで自分の弱点を再認識した
  • ネットの評価だけでホメオパシー=怪しいと決めつけるのはもったいない

 

こんなところですね。

ホメオパシーを受けて自分が変わってきたことはたくさんありますが、一つあげると論理的に話ができるようになってきたことです。

ホメオパシーをうけるとマインドが改善するので頭の働きの効率がぐっとあがります。そうなると自然に自分の想いを的確に語れるようになります。

女性はどうしても感情でものを言いがちですが、私の場合ライターですから論理的に語れるということは、論理的に書けるということにも繋がるので仕事の面でも効果が大きいのです。

 

もっと自分を良く知ることで質の高い文章が書けるよう頑張ります。

 

以上世良純子さんの「このままいくと私の人生良くなる?悪くなる?~ホメオパシーであなたが最適の選択をする方法教えます!~」のセミナーレポートでした。

 

 

おしまい

 

↓↓次はこちらの記事がおススメ↓↓

NASUアートディレクター/グラフィックデザイナー前田高志さんの「なるほどデザインセミナー&交流会」レポート


スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です