今年に入ってからライターとして「インタビュー」という新しいことに挑戦しました。インタビューって最初はただ話を聞いてそれを文字に起こして記事にするだけだと思ったんです。

 

でも実際やってみるとそうじゃない。

 

浜田
もっとよくしたい、もっとこの人の魅力を伝えたい。

 

そういう気持ちがぐんぐん大きくなって、まだまだですが私なりのインタビューの良さやインタビューへの考え方が出てきました。

 

この記事では

  • インタビューサービスのご紹介
  • インタビューを受けるメリット
  • インタビューのまとめ記事
  • よくある?質問

 

について話を進めます。

 

 

インタビューサービス開始します

 

 

前回渡辺さんのインタビューの最後の部分に書いたのですが、きちんともう一度告知させてもらいます。

 

インタビューサービスを開始します!

 

サービスの概要は以下の通りです

価格:2万円(税別)

内容:1時間ほどのインタビューを行いインタビュー記事にまとめます。(5000文字〜10000文字程度)

場所:大阪市内のカフェなどでお話しながらのインタビューを想定してます。また関西圏内であれば私がお伺いすることも可能です。(ただし別途交通費をいただきます。) スカイプなどでもよければ対応可能ですが、お一人お一人きちんと向き合ってお話したいので原則は対面サービスです。

納期:2週間程度

掲載媒体:当ブログのインタビュー・PRコーナーへの掲載です。ただしこれも例えば紙媒体へ載せたい場合等ご要望があれば対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

お申し込みからインタビュー完成までの流れ

 

お申し込み

コンセプト、質問内容のお打ち合わせ(メール、メッセンジャーなど)

インタビュー日時・場所の決定

質問内容に対する答えを考えていただく(私には当日まで内緒で結構です)

インタビュー当日

インタビュー初稿完成(インタビューから1週間以内)

原稿確認していただき、修正等あれば反映します

インタビューの完成

お支払い

 

 

インタビューを受けるとどういう点でいいの?

 

自分の考え、自分の商品を効果的に宣伝できます。
自分で宣伝するより他人に推してもらったほうが自然な宣伝になります。

 

人に話を聞いてもらうことにより、あなたの考えがはっきりとまとまります。
自分はこれがやりたかったんだ、こういうことが好きなんだ、ということは案外自分自身では気づきません。

 

では具体的にどんなインタビューになるのか、インタビューの裏話も交えたまとめ記事をご覧ください。

 

 

アートディレクター・グラフィックデザイナー前田高志さん

前田さんにはお世話になりっぱなしです!

 

私のイラストプロフィール写真NASUアートディレクターの前田高志さんに依頼させていただきました。

・・・ってよく考えたら他にもインタビューで写真撮っていただいたり屋号の相談に乗っていただいたり、今はLPのお仕事でもご一緒させてもらっています。とにかくお世話になりっぱなしの前田さんです。

 

あと今回

前田さん
インタビューのお礼です。サービス化するならどうぞ。

 

 

ということでこちらのインタビューバージョンの画像までいただきました。

インタビューするわよ( ・ㅂ・)و ̑̑

 

お礼はすでにいただいているんですよ。

 

悪魔ペコちゃんと、

 

似顔絵を^^

それで十分すぎるくらいなのに・・・またまたお世話になりっぱなしなわけですが、

 

この子↓

 

をたくさん登場させられるようにインタビューがんばります!

 

 

浜田
本当にいつもありがとうございます!

 

さて、せっかくなので前田さんのインタビューにまつわる裏話的なものも書いてみます。

 

前田高志さんにインタビューにまつわる裏話

 

記念すべき1回目のインタビューです。

 

お客様の声にも書いてくださっていたのですが、前田さんは一時期インタビューを受けるというマイブームがやってきたようで、近い期間ですでにもう3回インタビューを他で受けているんです。

 

浜田
もう聞くことないわ・・・

 

と思ったんですが、閃きました!

 

私、前田さんのデザインはもちろんですが、前田さんのブログも好きなんですよ。

 

まず読みやすい。インタビューでも言いましたが、行間が特徴的ですごい見やすいんです。

あと感情がこもっていて素直で、さらっと書いている文章がとてもいいなといつも感じていました。ってものすごく偉そうな言い方ですが・・・

 

浜田
この人デザインだけではなく文章まで上手い!ずるい!不平等だ!

 

と謎の八つ当たりを思いついたこともあるくらいです。そしてご本人にそう言った記憶もあります。←失礼な人。

 

前田さん曰く

前田さん
任天堂で広告を作っていた時は、僕たちデザイナーもコピーを一緒に考えるし、コピーライターもデザインを一緒に考えることもありました。だからコピーライターには敵わないけど広告の文章は経験してますよ。

 

とのことでした。どうりですごいわけです。

 

そんな訳で「前田さんと文章」について聞いいたら面白いかもしれない!と閃き、「文章、ブログを起点とする質問」というテーマでインタビューをしました。

 

 

前田高志さんへのインタビュー記事はこちらです

 

アートディレクター、グラフィックデザイナーNASU前田高志さんにインタビューしてきました!前編

アートディレクター、グラフィックデザイナーNASU前田高志さんにインタビューしてきました!後編

 

前田さんからお客様の声もいただきました!

僕は一時期インタビューをしてもらうのにハマっていまして・・・
3本続けてインタビュー受けた後、
最後に浜田綾さんからインタビューをしてもらいました。

正直、もう聞かれることあんまりないかも?・・・内容がかぶるんじゃないか?
と懸念してたのですが、綾さんがそれを先回りして考慮してくれて、
新たな「切り口」で面白いインタビューにしてくれました。

特に面白かったのは、デザインとブログ(文章)の共通点。
僕に潜在的に眠っていた「ここぞという時は言語化する」ということを
気づかせてもらいました。
この気づきは今後、僕の仕事にも良い影響を与えてくれるものだと思います。

 

デザインにおいて、僕が伝えたい「こだわり」の部分もしっかりと聞いてくれました。
インタビュー中は、かゆい所に手が届く質問で「いいこと聞いてくれるなぁ」と感じていました。
僕の言いたいことの気持ちを察して聞いてくれていると感じました。
そのせいか、話すことが苦手な僕にしてはスラスラ話すことができました。

綾さんは話しやすくて楽しい人です。そして、僕の3倍くらいの早口でおしゃべりです。
途中、話がいろいろ脱線したので、どうまとまるのか少し不安になりました。(すみませんw)
でも、完成した原稿はすごくまとまっていて編集能力も高い。

自分のことって自分で思ってるより全然わかっていない。
自分で気づかない魅力を掘り起こして、わかりやすく伝えてくれる。

彼女のインタビューは下手に広告だすより、よっぽど宣伝効果ありますよ。 綾さんにインタビューをお願いして本当に良かったです。 ありがとうございました!

 

ありがとうは、こちらの方です。インタビューをうけていただきありがとうございました!

 

 

占い師 宮田シロクさん

速攻でインタビューオファーしました!

 

宮田シロクさんは、ブログスクールを通して知り合いました。

まずはこの妖艶な写真、↓

 

「貴様ら」と読者をばっさり切り捨てるキャラクター、

 

これは気にならない人いないでしょ!?

 

次なるインタビューさせてくれる人を探していたこともあり、速攻でアプローチしました。

 

とってもあざとい話ですが、この方ならすでにキャラが立っているのでインタビュアーの腕が悪かろうが面白くなるであろう・・・そういう気持ちがあったのも事実です。

でもいいインタビューになったと思う!←自画自賛。

 

宮田シロクさんインタビューにまつわる裏話

 

2回目ですし、質問内容、どういうインタビューにするのかコンセプトを考えようと思い相談しました。

シロクさんには快くお付き合いいただき感謝です。

 

浜田
シロクさんはインタビューを通じて伝えたいことがあるならば何ですか??

こう聞いたとき、シロクさんの答えはとっても明快でした。

シロクさん
それはもう決まっています。「自分の人生の舵を取ろう。自分にもっと興味を持とう」っていうことです。

 

私・・・雷に打たれた感覚でした!

めっちゃいい!

これは絶対いいインタビューになる!←自分で言う。

 

 

というわけで。

最後にシロクさんのメッセージにたどり着くように、そこに到るまでのシロクさんのこれまでの経緯を聞いています。

 

 

あとこっれは誤解を招く言い方をしたくないのですが、私これまでそんなに占いに興味がなかったというか、あんまり信じていなかったんです。

だってTVの〜占いとかって超適当でしょ?そんなもんで私の今週の運勢がわかるまい!人一倍ひねくれ者なのでそうおもっていました。

 

だけどそういう思いがなくなったのもシロクさんを知ってからです。

 

シロクさん
占いはツール、それを目的にしてもらっては困る。

これシロクさんの言葉です。そうそう。こういうばっさりサバサバしている占い師さん、新しいんじゃないかな?

と言うわけで私も占っていただきました。←これがまためっちゃ当たってるんだ!

 

インタビューと占い、同日にこなす、しかも飲みながら・・・というとっても楽しい時間をすごさせていただきました。

 

 

宮田シロクさんへのインタビュー記事はこちら

 

貴様ら読め!美人オタク占い師宮田シロクさんにインタビューしてきました!前編

貴様らの人生の舵を取れ!美人オタク占い師宮田シロクさんにインタビューしてきました!後編

 

宮田シロクさんからお客様の声もいただきました!

まず浜田さんがとても穏やかで話しやすい方で良かったです。
今までの自分の経緯をまとめる機会にもなりました。
自分がどんな道を歩んで今に至ったのか、なかなかしっかり思い返す機会なんてないと思うのです。
そういえば私こんなことしてたなぁ、と自分を振り返ることができました。

 

単純におしゃべりしているようでさりげなく的確な返答をしてくださるので、
どんどん話が弾んであっという間にインタビューが終わりました!

私は占い師なので人様のお話を聞く側なのですが、こうやってじっくり自分の話を聞いてもらうことで改めて自分が普段何を考えているのかを意識しました。
私の占いのコンセプトである「人生の舵を取ろう」はこのインタビューで固まったと言っても過言ではないかもしれません。

そうそう、私はこれがしたかったんだ、という感覚でお話しさせてもらっている間に頭の中の霧が晴れて行ったようでした。

普段からしっかり自分のことは考えているつもりでも他者目線でインタビューを受けることによってまた新たな気づきが必ずあるはずですので、機会があればぜひもう一度受けたいと思っています。

 

人って自分のことをわかっているつもりで全然そんなことないと思うんです、自分で自分を占える占い師が言うので本当です笑
それを浜田さんのような繊細で鋭い視点をお持ちの方にきちんと向かい合ってお話を聞いてもらうことによって、改めてご自分が何を考えていて何を目指しているのかがクリアになると思います。
ご自分を見直してみたい方には自信を持ってお勧めいたします。

 

嬉しすぎるお客様の声をありがとうございます!

 

 

放送作家、個性発掘家 渡辺 龍太さん

 

放送作家さんに色々聞いてみたい!

 

放送作家の渡辺龍太さんもブログスクールを通して知りました。

 

「放送作家」さん。

占い師さんと同様私が今まで生きてきた中でこういう仕事の知人、友人はおりません。

そうなるとどうしても「面白そうだ!どうやって放送作家を志したのか聞いてみたい」そんな風に思いまた勢いでオファーさせてもらいました。

 

渡辺さんのインタビューもコンセプトを考えました。渡辺さんもお忙しい中やりとりにお付き合いいただき感謝です。

 

渡辺さんは新たにブロガーのコミュニティサービスを始めるとのことだったのでそのプロモーションの一貫としてのインタビューにしようということになりました。

 

とはいえ、やっぱり「そもそもなぜ放送作家になろうと思ったのか?」が一番私が聞きたかったのでそこからはじまり、放送作家になり、ブログを書くようになり、コミュニティサービスを開始する。

そういう流れになるようにインタビューしました。

 

 

渡辺さんインタビューの裏話

 

実際にインタビューしてみての感想は・・・渡辺さんは、すごーく饒舌です。

 

何を聞いても数秒でぽーんと面白い話を切り返してくれます。私も大概早口なんですが、渡辺さんも早口でかつユーモアのある話をたくさんしてくださいました。

 

即興で答えること、即興で企画することをモットーとされているようです。そういう反射神経のよさが放送作家さんとして今日までこられたのだなぁと感じました。

 

渡辺さんもシロクさん同様、インタビュアーの腕がアレでも面白いインタビューになるであろう・・・という私の弱さが現れているのですが、これもやってみればいいインタビューになったと思っています。はっきり自画自賛します。

 

あと渡辺さんのインタビューに関していえば渡辺さんって本当にウィットに富んだ方なので普通の会話でも面白くしよう!というサービス精神があってここに書ききれなかった話がたくさんあります。

トランプ大統領の演説を聞いた話。

イスラエルの武道を習っている話←もちろん、なぜイスラエル!って突っ込みました。

 

などなど会話がポンポン出てくる出てくる。面白くてお話ししていて楽しい方でした。

 

 

 

渡辺龍太さんへのインタビュー記事はこちら

 

面白いと思うことを全部やったら放送作家になっていたー放送作家、渡辺龍太さんインタビュー 前編

ブログを僕たちの手に取り戻せ!放送作家、渡辺龍太さんインタビュー 後編

 

渡辺龍太さんからお客様の声もいただきました!

 

今回、浜田さんのインタビューサービスのモニターとなってみて、とても強く感じた事がありました。それは、自分自身の面白い部分というのは、自分で把握するのが難しいという事です。

浜田さんは私のインタビューをした結果、客観的な目線で私の人生の出来事に優先順位を付けて記事にしてくれました。しかし、私自身が自分の人生を振り返ると、当時の感情の起伏を元にした、全く別の優先順位で記憶が成り立っている気がします。

例えば、インタビューの前編の中で、私がNHKの外国語放送セクションで働くまでのプロセスが書かれていている部分があります。当時の私は、留学を終えて日本に帰国したばかりで、仕事の内容や効率よりも、人間の上下関係を大切にするような日本社会が嫌で仕方なかったんです。

だから、NHKの番組の面接を受けたことなんて、相当、投げやり感のあった事なんです。だから、実際にNHKで働いて仕事の面白さが分かり出した頃からは記憶が鮮明になるのですが、面接を受けていた頃の話は、インタビューで浜田さんに聞かれなければ、一生、特に思い出しもしなかった部分かもしれません。でも、そこが記事になると、私の人生においての重要なターニングポイントであるし、明らかに面白い部分ですよね。

この他にも、今回、浜田さんのインタビューを受けてみた事で、自分の人生で起こった出来事を、感情抜きに客観的に見たような気がしました。それにより、自分のバックグラウンドは何かという事が明確になり、自分が今後、何をすべきなのかなどを考えやすくなりました。

いつも、他人のインタビュー記事ばかりを作っていましたが、たまにはインタビューを受けるのも目から鱗の発見があるものですね。浜田さん、今回はモニターとして選んでいただき、ありがとうございました。

こちらこそありがとうございました!楽しいインタビューになりました。

 

 

よくある質問?かどうかはわかりませんがに想像が及ぶ範囲で答えてみます

 

Q:インタビューなんて受けなくてもプロフィールページに自分の人となりは書いてあるし・・・

 

 

A:そうですね。でも自分で書くのと他人に聞いてもらって話すことでは内容がかわります。

また華麗な経歴も自分で話すのはなかなか難しいもの。だって「それ自慢か?」そんな風に思ってしまう人が多いのが世の常です。 インタビューならあなたの経歴や実績プロモーションを私が聞いて推薦するという形でアピールできます。

気持ちのいい自己宣伝を目指します!

 

 

 

Q:インタビューは面白そう。でも人様にインタビューされるほどの華麗な経歴ではない。

 

 

A:わかります。私も一緒ですよ!

先行でインタビューを受けていただいたお三方はその分野で既に活躍されていますし、キャラも立っていて何を聞いても面白い。実績もある。 だから僕、私のインタビューなんて・・・ともし思われた方! そういうあなたのインタビューこそさせてください!

先に書きましたがこの3名を選んだのは私のあざとさです。 ええ、インタビュアーの腕関係なく面白くなるだろうと予測できたから・・・からです。

あとこれは過去のインタビューの回で渡辺さんが言っていたことですが「面白くない人」なんて私もこの世にいないと思います。 自分の魅力なんて自分では案外気づきにくいもの。

ですから別に華麗な経歴がないから、僕なんて私なんて面白くないから・・・という理由でもしもためらっているのであればそういう心配は無用です。

あなたの魅力を引き出します!

 

Q:さっきからなんだか偉そうですが、あなたは何者ですか?

 

 

A:申し遅れました。 浜田 綾です。 ライターとして活動しています。 寄稿記事、代行記事、インタビュー記事を中心に活動しています。コピーのお仕事も開始しました。

 

Q:あなたのインタビューの強みはなんなの?

 

 

A:そうですね、これも自己宣伝なので気持ちのいい自己宣伝ができているか不安ですが、告知のページなので心置きなく言いますね。

 

ヒアリング能力が高いです。

わ、私だけがいっているわけじゃないよ!お客様もそう言ってくれています。 話を聞き出すのが得意です。というか好きです。聞いてると疑問がどんどん浮かんでくるので話が脱線しがちです。

でもそれも理由はあります。当日いただく話は多ければ多い方がいいと思うんです。たとえ雑談でもそこに人となりがでるので雑談をふくめたくさんおしゃべりしてその人の良さを引き出すことが好きです。

 

編集能力も高いです。

上記で書いたように話は割と脱線します。 ですがご安心ください。ただしゃべっているだけの内容を読みやすくまとめられてこそインタビューとして価値があると思っています。

インタビューってやろうと思えば別にライターじゃなくても誰でもできます。話を聞いて文字を書き起こせばいいわけですからね。パワーがあればできちゃう。

ただ私はお金をいただいてサービスかする以上は、読みやすいインタビューに編集することをお約束します。当たり前といえば当たり前ですがその基本を丁寧に守り、じっくり読ませるインタビューに仕上げます。

 

 

 

最後にもう一回サービスの概要

価格:2万円(税別)

内容:1時間ほどのインタビューを行いインタビュー記事にまとめます。(5000文字〜10000文字程度)

場所:大阪市内のカフェなどでお話しながらのインタビューを想定してます。また関西圏内であれば私がお伺いすることも可能です。(ただし別途交通費をいただきます。) スカイプなどでもよければ対応可能ですが、お一人お一人きちんと向き合ってお話したいので原則は対面サービスです。

納期:2週間程度

掲載媒体:当ブログのインタビュー・PRコーナーへの掲載です。ただしこれも例えば紙媒体へ載せたい場合等ご要望があれば対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

というわけでインタビューサービスを開始します。そしてせっかくなのでこれまでのインタビュー記事をまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お気軽にお問い合わせください。インタビューでお会いできるのを楽しみにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です