レゴ好きのお祭りジャパン・ブリックフェストに行ってきました!感動のレゴ作品を厳選紹介!!

何度かブログに書いていますが、私は子供の時にレゴブロックで遊ぶのが好きでした。

マイレゴブロックをまだ持ってるので…、自分の子どもと一緒に遊んでます!

 

 

少し前には念願のレゴディスカバリーランド大阪にも張り切って行ってきました。

 

この辺から我が家(というか主に私)のレゴ熱が再燃し、twitterでもレゴ関係のアカウントをフォローするようになっていました!

peko_face_normal

 

そしたら!

 

レゴ好きがオリジナル作品を持参して集まるお祭りが開催されるという有力情報をゲットしたので、これは行かないと!と思い、家族でお出かけしてきました。

 

そのレゴ好きのお祭り「ジャパン・ブリックフェスト2016」へ行ってきた感想をレポートします。

 


スポンサードリンク



 

ジャパン・ブリックフェストとは?

 

Japan Brickfest(ジャパン ブリックフェスト)は神戸六甲アイランドのカナディアン・アカデミィと、KLUG(ケーラグ Kansai LEGO User Group)の共同開催によるレゴ®ブロック作品の展示イベントです。
子供から大人まで誰でも楽しめるイベントです。みんなで参加しよう!

※レゴ®はレゴ社の登録商標です。本イベントはレゴ社のオフィシャルイベントではございません。

http://japanbrickfest.klug-jp.com/より引用

 

2015年から始まったイベントのようで、レゴ社のオフィシャルイベントではないようですが、レゴの作品を作る方たちがたくさん集まるお祭りなんです!

イベント自体は終了しましたが、記録として開催情報等を記録しておきます。

 

ジャパン・ブリックフェスト2016の開催情報

日時:2016年6月4日(土曜日)、5日(日曜日)10:00~17:00

入場料:大人500円 子供(3歳以上、中学生以下)300円
デンマーク国籍の方はパスポート持参で入場料が半額になります!
※レゴはデンマークのおもちゃですので^^

場所:カナディアン・アカデミィ、神戸市東灘区向洋町中4-1(六甲アイランド)
駐車場はありません。

公式HP:http://japanbrickfest.klug-jp.com/

 

 

ジャパン・ブリックフェスト会場に到着

会場のカナディアンアカデミーに到着しました!

Canadian Academy

 

KLUGの旗が見えます!

JBF fllag

 

中に入ると…

力作のレゴ作品が所狭しと並んでいました!

jbf4 jbf3 jbf

 

見てるだけで楽しいです!

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”peko.png” name=”私”]テンション上がるぅー![/speech_bubble]

 

 


スポンサードリンク



 

めっちゃ素敵な作品3つを厳選紹介!

会場内をうろうろしつつ、「これすごーい」って感動したものに出会ったら、作っている方に声をかけてお話しさせていただきました。

みささん気さくで良い方ばかりでしたのでご紹介させていただきます!

 

1.レゴでファスナーの仕組みを再現!(Y.Kuramataさん)

最初に

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”peko.png” name=”私”]おおっ!なんだこれはーーー![/speech_bubble]

って思ったのはY.Kuramataさんのこの作品!

 

これね、レゴブロックでファスナーの仕組みを再現しているのですよ。

動画撮影させていただきました!

すごくないですか!これ!!

しかもカラフルで可愛いー(≧∇≦)

 

ブログに掲載してもいいよって快くOKしていただいて、ありがとうございました^^

 

 

2.レゴでピアノ、万華鏡、ハートを完全再現(Keisuke Yoshidaさん)

次に

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”peko.png” name=”私”]これすごーい! [/speech_bubble]

って感動したのは…

 

Keisuke Yoshidaさんが作成したレゴブロックでできたピアノです!

なにがすごいって…

レゴでピアノの鍵盤の仕組みを再現しているんです!

lego-piano

動画を撮り忘れたことが返す返す残念ですが…(*_*)

これね、普通のピアノと同じ要領で鍵盤を押したらちゃんと沈んで、で勝手に戻るんです。

磁石を利用しているとおっしゃってました。

それからピアノと同じでフタもちゃんと閉まるんですよ!すごーい!

追記:作者のyoshidaさんのflickrにリンク許可いただいたので、こちらをご覧ください!

LEGO TOY PIANO

 

それからこれはレゴでできた万華鏡なんです!

lego-mangekyo2

 

中身もレゴ!可愛い!

yoshidaさんいわく、「鏡パーツもレゴ純正」なんだそうです!!

lego-mangekyo

追記:万華鏡のflickrはこちら!

LEGO Kaleidoscope movie

 

 

レゴでできたハートも見せていただきました!ハートが割れるんです…

lego-heart

追記:ハートのflickrはこちら!

LEGO brokenheart

 

追記:それからこれもすごい!「LOVE and HATE」

LOVE and HATE (an homage to Shigeo Fukuda)

 

 

どれも面白くてかなり興奮して写真を撮りまくっていたら…なんとiphoneのストレージ容量不足になるというハプニング発生したのですが(笑)、そんな時に役立つ裏技まで教えていただいきました!

お世話になりました^^

 

名刺と一緒に作品の写真もいただきました^^

sakuhin-yoshidasan

他の作品もめっちゃ素敵!

こんなプレゼントまでいただいて嬉しいです!

ありがとうございました^^

 

 

3.レゴ回転寿司!(Dr.peisan)

ペイさんはJBFに行く前からtwitterでアカウントをフォローさせていただいていたので、そのすごさは知っていました。

特撮ファンとして見逃せないがこれ!

仮面ライダー鎧武の2号ライダー用の変身ベルト「ゲネシスドライバー」をレゴで完全再現してるんですよ。

なんてこった…そんなものまでレゴで作ることができるなんて…

左右のレバーでフルーツを絞ってジュースを作って変身するってベルトなんですが、それがレゴで完全に再現されている!

 

いかにすごいかを説明するために我が家のベルトとロックシードで同じ動きを再現してみました。

もうちょっと明るいところで撮るべきでした…反省。

 

一緒ですよね!すごい!

私のハートもロックオンされました。

 

この時点でファンだったので、ペイさんのブースは絶対にチェックしようと思ってました。

 

うろうろ捜し歩いて…発見しました!

この日展示されていたのは「レゴ回転寿司」

 

 

モーターが入っていて、レゴブロックで回転ずしの動きを再現しているんですよ!

凄すぎでしょ!

 

細かく見てみると…生簀がちゃんとあったり

lego-kaiten-sushi-inside2

 

トレイもある!

lego-kaiten-sushi-inside

 

ペイさんもとっても気さくな方で、長男がしつこく

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”niini.png” name=”にいに”] これはどうなってるの? これは?これは?[/speech_bubble]

みたいな感じで質問攻めしてましたが…

とっても優しく対応していただき感謝です^^

 

 

まとめ

レゴ好きのお祭り、ジャパンブリックフェスト2016のレポートでした。

自分で作るのも楽しいけど、情熱のこもった作品を見るのも楽しいってことが分かりました。

ビルダーの方もお話しさせていただいたら皆さんレゴ愛に溢れた気さくな方ばかりでした。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”peko.png” name=”私”]レゴ好きに悪い人はいない![/speech_bubble]

 

ということを身をもって感じたイベントでした!

 

 

 

おしまい

 

↓↓次はこの記事がおススメ↓↓

親子2代でレゴブロック大好き!設計図がない場合はググればダウンロードできるよ!

↓イベントレポート記事の執筆ご依頼お待ちしています。↓


スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2 件のコメント

  • ブログを拝見しました。ジャパン・ブリックフェスト2016すごいですね!私は会社でイベントの仕事をしており、「広島でもできたらいいなぁ」と思っております。開催のご相談をするのに、まずどなたにお話しさせていただけばいいのでしょうか?もし、よろしければご助言願います。

    • 楠様

      コメントありがとうございます^^
      広島でもこのようなイベントが開催されたら面白そうですね!

      ただ私はイベントを見に行っただけで、開催のノウハウに関しては知らないのです。
      今回のイベントは「KLUG]という団体が運営されておりました。
      URLを以下記載しますね。
      そこのお問い合わせフォームから確認されるとよいかと思います。

      http://japanbrickfest.klug-jp.com/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です